Skip to content →

派遣の秘書はどのような働き方ができるのか?

長時間の残業が無いため私生活との両立が可能

派遣の秘書は、派遣先の会社の忙しさや事業内容などによりますが、正社員と違って長時間の残業が無いため、私生活との両立を図りやすいといったメリットがあります。特に、大手企業の会長や社長の秘書として採用される場合には、高収入を期待できるだけでなく、職場環境が良いことから一か所の職場で長く働くことができます。最近では、人件費削減を理由として正社員の代わりに派遣の秘書を積極採用している企業が少なくなく、子育てや家事をしながら無理なく働きたい人にとって絶好のチャンスとなっています。そうした中、派遣の秘書の仕事を選ぶうえで、勤務日数や曜日などにこだわるのはもちろんのこと、主に自分の得意な業務を任せてもらえるところや、将来に繋がるキャリアを積める職場を探してみるのも良いでしょう。

キャリアを積むことで重要な仕事を任されることも

派遣の秘書の収入額は、正社員よりも低い傾向がありますが、有名企業で長くキャリアを積むことで重要な仕事を任されたり、高額な手当が支給されたりすることもあります。また、派遣先によっては業務に直接役立つ資格や免許を持っている秘書を対象に、キャリアアップ研修を実施したり、役職を与えたりしているところも少なくありません。そのため、派遣の秘書としてやりがいを感じながら働きたい人は、雇用形態にかかわらず実力が評価される会社を勤務先に決めるのがおすすめです。なお、派遣の秘書に求めるキャリアやスキルは、職場ごとにバラつきがあるため、求人選びの段階から時間を掛けて派遣会社のスタッフと打ち合わせをすることが大事です。

秘書の派遣サービスを利用すると経験豊富なスタッフが派遣されます。秘書のプロなので即戦力な人材として期待ができます。