Skip to content →

安全運転が第一の「ドライバー」の仕事とは

様々な業務があるドライバーという仕事

ドライバーという仕事は、様々な業務内容があります。タクシードライバーであれば、客を目的地まで安全に運ぶのが仕事です。トラックドライバーならば、荷物を目的地まで運ぶのが業務内容になります。宅配便などの配送ドライバーの場合には、荷物をそれぞれ個別の家に運ぶために、時には重い荷物を素手で運ぶようなことが日常的です。他にも、伝票処理や荷物の積み下ろし作業、金銭の授受や仕分け作業など、業務内容は多岐にわたることが多いのです。それ以外にも、どのような道を通れば最短距離で、仕事をこなせるかと言った「ルート決め」などを行ってから、配送作業を開始することもあります。このようにドライバーの仕事は、一見単純作業に見えますが、様々な業務をこなす必要があるということが分かります。

運転が上達するというメリット

ドライバーの仕事に就くメリットの一つに、運転が上達するということがあります。ドライバーの最大の使命は、何といっても「安全運転」でしょう。目的地まで事故なく、時間通りに到着することが一番大切です。高速道路や一般道路、狭い道や曲がった道でも、時には通らなくてはなりません。そのような道を経験していくうちに、運転技術がどんどん上達していくのです。やがて、運転しづらい雨や雪の日であっても、難なくこなすことが出来るようにもなります。そして万が一にも事故に巻き込まれたとしても、適切な対処が出来るようになれば、プロのドライバーと言えるのかもしれません。

ドライバーの求人の中には、夜間に勤務するものも含まれているため、自分のライフスタイルに合った求人を選ぶことが大切です。