Skip to content →

製造業のお仕事に挑戦!どのような内容なの?


製造業における正社員の仕事

製造業の仕事と言っても多岐に渡るので、雇用形態で分けて考える必要があります。製造業における正社員の仕事は、物を生み出す作業が中心です。工場ではずっと同じ物を作り続ける訳ではなく、大きさや素材などが変わったりします。その都度機械を調整したり、出来上がった物の品質を管理するなど背負う役割が大きいです。機械の調整などが的確でなければ不良品が大量発生し、検品作業者に迷惑がかかります。当然機械も動かしているうちにトラブルが発生しますし、素早く解消しなければいけません。正社員がいかに素早く的確に仕事するかが大切なのです。

製造業におけるパート・アルバイトの仕事

製造業におけるパート・アルバイトの仕事内容は主に検品や梱包が中心になります。検品は不良品をお客様に送らない為の非常に重要なポジションですが、どちらかと言うと正社員以外が担当します。特に女性は男性よりも違和感を発見しやすいとされているので、女性が配置される場合が多いです。検品中に違和感があれば上司に伝えてラインを停止させるなど、慎重に進めないといけません。違和感を見逃せば大量に不良品が発生し、大損害へと繋がります。

小さな工場では一人二役

大きな工場ではずっと検品または梱包など一つの作業に集中できますが、小さな工場は一人二役になる場合もあります。例えば梱包作業の後にフォークリフトを運転して運ぶなど機敏な動きが求められます。配送作業員が空いている時に工場内へ入って簡単な作業をすることもあり、臨機応変に動かないといけません。

綜合キャリアオプションでは、定番のオフィスワークから人気の高い軽作業まで数多くの仕事を紹介しています。