Skip to content →

工場の求人はどんな働き方がある?自分に合った雇用形態を選ぼう


工場の求人の働き方~正社員・契約社員~

工場の求人は、全国各地のさまざまな職種の現場から募集がかかっています。どんな働き方があるかというと、主に正社員と契約社員、派遣社員やアルバイト・パートの4タイプがあります。正社員は、4タイプの働き方の中で一番安定した収入を得ることができます。賞与、昇給や退職金などの色んな恵まれた待遇があります。社会保険などの福利厚生が充実していて、何らかの事情や大きな問題がなければ定年退職まで安定して働くことが可能です。一定期間の契約で働く契約社員は、定年まで働ける正社員とは違って、定期的に契約更新して働く必要があります。残業手当や交通費手当、社会保障などはあるものの、賞与や退職金が支給されることはほとんどありません。正社員よりも待遇や福利厚生が手薄になる分は、副業して補うこともできます。

工場の求人の働き方~派遣社員・アルバイト・パート~

「派遣社員」は、登録している派遣会社と雇用契約を結んで派遣先の企業の工場で働く雇用形態になります。仕事の業務に関する指示は派遣先の企業がおこないますが、給料は派遣会社から支給されます。社会保障や手当などの福利厚生が充実している派遣会社も最近増えています。派遣先は大手企業である場合も多く、有名な企業で働けるチャンスもあります。能力が認められれば、派遣社員から正社員になれる可能性もあるところが魅力です。「アルバイト・パート」は、自分が希望する時間や曜日で働く時給制の働き方です。1日だけの短期アルバイトからフルタイムの長期パートなど、自分が働きたい期間や時間帯を選んで働くことができます。働く日数などの条件により、雇用保険や厚生年金などの社会保険に加入することも可能です。

働き方が多様に変化する中で、スマホで完結する仕事も増えています。ネットで出来る仕事探しを始めることは、現代では有力な選択肢のひとつです。