Skip to content →

意外と知らない!フォークリフトってどんな仕事?


フォークリフトの仕事内容とは?

フォークリフトは倉庫内や工場内の重い荷物を運ぶ時に活躍します。物流業界や土木建築で需要があります。フォークリフトを操る人はフォークリフトオペレーターやリフトマンと呼ばれます。主な仕事内容は3つに分けられます。一つ目はトラックの配送、搬送時に荷物を積み込むことです。二つ目はトラックから荷物を降ろすことです。そして三つ目はパレットに積んである荷物を違う場所へ移動させることです。この作業の他に、荷物を綺麗に積んでラッピングするパレットを作る作業や検査・検針などもあります。

フォークリフトの仕事のメリットは?

フォークリフトの仕事は未経験でも始めることができます。運転するには免許が必要ですが、入社してから会社で免許取得を支援してくれることが多いです。一度免許を取得してしまえば、転職に困らない技術職です。都心部だけでなく地方でも安定して求人があるので、UターンやIターンもしやすいです。重い荷物を運ぶ仕事ですが、腕力が必要ないので女性や高齢者もできます。また、自分の成長を実感しやすくやりがいを感じやすいです。作業をすればするほどパレットに早く正確に荷物を積むことができるようになったり、短時間で搬出できるようになります。

フォークリフトの仕事のデメリットは?

操作ミスによって荷物を破損してしまったり、設備を傷つけた場合には多額の損害がでることがあります。また、1トン以上の荷物を運ぶ時には深刻な怪我をする危険性があります。一日中倉庫の中で作業しなければいけないので、同じことをやり続けることが苦手な人にはあまり向いていません。トラックの到着が遅れると終業時間を過ぎていても強制的に残業になってしまいます。

アルバイト等の求人の中には、フォークリフトの求人が比較的多く見受けられます。倉庫内での荷物の上げ下ろしに便利な機械で、需要が高まっているからです。この免許を持っていると、高い年齢層でも働けます。