Skip to content →

保育士になろう!仕事内容や選び方について


保育士ってどんなことをするの?

保育士は、登園してくる子どもたちを迎え入れながら、変わった様子がないかを見ていきます。そして、一日の流れに沿って自由遊びをしたり、クラス活動をしたりします。その中で、子どもたちが安全に遊べるように見守ったり、成長を促すような言動をしていったりすることも大切です。また、クラス活動などで必要な道具を事前に用意することも仕事に含まれています。園の年間行事に合わせて、打ち合わせを行ったり準備をしたりすることもあります。子どもとの関わりだけではなく保護者との関りも大切なので、日々子どもたちの成長をしっかり観察し、保護者に伝えるという役割も持っています。短大や専門学校などから実習生が来た場合は、その対応も任されることがあります。

仕事の見つけ方や選び方について

保育士として保育園や児童養護施設などで働こうと思った時、様々な方法で仕事を見つけることが出来ますよ。専門学校や短大に通っている場合は、実習先の園から誘いを受けることもあります。また、学生に向けて色々な園から保育士の募集をもらうこともあるので、その中から気になる園を選ぶというのもいいでしょう。それ以外でも、インターネットで求人サイトや園のホームページなどから探すことも出来ます。どんな職場を選べばいいか分からない時は、自分が働くうえで一番大切に思うことは何かを考えてから、園見学に行ってみるといいですね。事前に質問を考えておくことで、職場選びがスムーズにいくはずですよ。また、園見学の時に職員たちの雰囲気を見ておいて、一緒に働きたいと思えるかという部分で判断するのも一つの方法です。

共働き家庭やひとり親家庭の増加により保育士のニーズが増えて求人が豊富です。保育士の派遣を大阪で見つけることは難しいことではありません。